お知らせ

2016.09.30  グーグルアナリティクス研修でのご質問

Googleアナリティクス講習でのご質問の一部のご紹介になります。

今回の一つ目は受講者様の多い傾向のご紹介でございます。
よくある傾向は他では平均セッション時間は3分以上のほうがいいといわれたというようなご質問や直帰率、コンバージョン率はどれくらいがいいかなどのご質問です。
こちらのご回答としてはもちろん会社様によって違いもありますし、セッション時間は長ければ長いほうが良いです。
ただユーザー目線などが強くなってくるとただ単に一つの属性だけを着目するのではなく、会社の規模から信用性を見極めどのようなサイト作りがよいかから始め、もちろん会社名が弊社のように無名の場合、
どのような工夫でお申込みに至るかまでや受講後の迅速な対応、ホームページ記載の内容を正確に取り組むことなどを一つ区切りとし、あらゆる角度から問題点を考えることでコンバージョンにつなげる努力を
努めており、受講者様にお勧めしております。
もう一つ気を付ける必要があるのは自己満足度合いでございます。自己満足が強かったり、ある規定ラインを設けると他社を見落としがちになるのです。今でも私は参考になるサイトや本当に大好きでユーザーストレスがないサイトは業界別にあります。アナリティクスの数字のみを理解することとトータルで考えアナリティクスを併用し利用することでは意味合いが大きく変わります。またデータを1万件と10万件では答えも変わってくることもあると思いますし、長い期間と短い期間とで比較するときのトレンドなども変わることもございます。よってアナリティクス管理者様は常に傾向を把握し変化率に対して敏感でなくてはいけません。
また他社様がこちらよりほんのわずかでもユーザーに気に入られているとしたらコンバージョンは競合様のほうが高いと考えるべきです。そのようなことから考えると初めから型にはめるような数字の目標はないほうがよく、私なら今の数値よりも下がらない目標を設置するようにします。最近このようにも考えておりますがコンバージョンを追うのであればWEBサイトで止まることは許されないので数字の分析以外にも実行力、仮説力、ユーザー心理などもあってもいいのかもしれません。

  • サービス案内
  • Googleアナリティクス初級講座
  • ホームページ制作
  • 会社概要
  • お問い合わせ
初級者のためのGoogle Analytics講座
WEBで成果を上げていきたい企業様はこちら「SEOPARK」
ホームページ更新サービス
受講者の声
講座日程
採用情報
PAGE TOP

ページの先頭へ