ブログ&お知らせ

2021.11.01  2021年11月SEO下落要因

SEO対策は10年前、5年前と現在2021年と比べて進化し続けています。簡単に言うとアップデートを繰り返しているためサイトやページの改善や調整など継続していかなければいけません。そこでつい2年前まである特定のキーワードで上位にランキングしていたサイトでさえ下落することも少なくありません。反対に維持しているサイトもございます。この差は一つGoogleの検索エンジンに沿ったサイト、ページであるかないかということになります。もちろんそれはユーザーに対して沿っているかということにもなります。Googleは検索エンジンのアルゴリズムは開示していませんので公式サイト(Google検索セントラル)でどのようなページを求めているかまず確認する必要があり理解を深めることが必要です。SEO対策で企業が有効なのがユーザーの探しているものが検索エンジンを通して探す場合SEO対策を行いクエリのランキングが上位に表示されると新規ユーザー数の獲得が見込めるようになります。SEO対策とは時間はかかりますがユーザーに対し知ってもらえる重要な集客ツールと考えられます。そこでアルゴリズムというのは説によると300とも400ともあると言われています。プラスアップデートを繰り返すために変化が起こるということです。例えば10年前とかであれば単純なリンクの設置を増やすとランキング上がったりすることがありました。今ではもちろんそのような結果は得られないことは普通になっています。もちろんGoogleの公式サイトでは行ってはいけないペナルティを受けてしまう内容なども記載されています。まずはこの定義の理解は必須です。ただしこのルールを守っていたサイトですらアルゴリズムアップデートを行ったときにランキングが下落する場合が存在しています。下落の中にも小さなもの、10位~20位くらいなもの、100位以下に下落すること等私は大きく3パターンに分けて確認しています。100以下に落ちる場合はペナルティ要素が多く含んだ可能性が高いサイトですので隅々まで確認し原因を確かめる必要があると考えます。10位~20位くらい下落した場合も何かしら問題点があると考え確認する必要があります。このような場合まず必要となるツールがSearchConsole(サーチコンソール)になります。SearchConsoleは私の中ではSEOに取って問題点を発見するための必要ツールです。問題をお知らせてくれる部分からどのようにサイトを改修しなければいけないか理解する必要があります。私の中では業務上数百社毎日キーワードのランキングを確認しており上位にいたページが突如下落するサイトなどの傾向をいくつか確認しております。このようなポイントはユーザーにとってというより企業様側のSEO対策の理解の不足から起こっていることも少なくないと感じています。ユーザーが何を知りたがっているのかを検索意図を理解することが近道であると考えます。またGoogleは更新しないサイトを好まない傾向があります。ユーザーは常に新しく正しい情報を求めていることから検索順位を上位化のためには必要です。上位化を定着することができればサイトの集客のに大きなプラスの効果をもたらすと思われます。

  • サービス案内
  • WEBコンサル
  • Googleアナリティクス初級講座
  • ホームページ制作
  • 会社概要
  • お問い合わせ
知って得するマーケティングブログ
初級者向けGoogle Analytics2020年動画版セミナーはこちら
WEBで成果を上げていきたい企業様はこちら「SEOPARK」
ホームページ更新サービス
受講者の声
講座日程
採用情報

ページの先頭へ